瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
ワークスペース予約(外部サイト)
メールマガジン登録

相談事例

技術相談、補助金活用

新製品開発、サンプル作成の改善と効率化

有限会社 竹堂園

創業大正13年(1924年)。
瀬戸焼の伝統技術を活かしつつ時代の変化に合わせた新しい製品を生み出す努力をしてまいりました。
オリジナル形状は既に300種類を超えており、様々な風合いや美しい色を出せる釉薬を取り揃えております。
自社プランドとしては、お名前入りの子供食器がネット通販で個人のお客様にご好評をいただいております。 また、業者様向けのOEM生産にも迅速に対応しております。
当社のショールームやファクトリーショップでは、実際に商品をお手に取っていただけます。

有限会社竹堂園では「地域資源活用事業計画」の認定を受けるなど新たな需要開拓に積極的に取り組んでいます。

 

島倉社長自身が補助金の情報収集や技術動向把握に努めておられ、産業支援センターせとに足を運んでいただくこともあります。

 

先般は島倉社長より新しい取り組みの話を2件承りました。

 

1件目はネット通販での受注出荷管理の業務フローを改善することで、生産性向上を図ること。
2件目は3Dプリンターで試作品を造形して試作時間の短縮を図ること。

 

産業支援センターせとでは製品開発やIT活用に係る補助金を紹介したり、技術相談を受けています。

 

今回は「瀬戸市生産性向上事業費補助金」を紹介し検討していただきました。

 

さらなる技術的な詰めの作業が必要となり、残念ながら補助金申請に至りませんでしたが、引き続き有効な情報提供など、支援を継続いたします。

 

 

有限会社 竹堂園ホームページ リンク
http://www.tohki.co.jp
 

 

 

担当コーディネーター

森 博

新事業・新製品の開発支援

森 博

ものづくり企業での新製品開発から製造工場経営までの多くの経験に基づいた実践的な支援を心がけています。

相談日隔週水曜日
得意分野ファィンセラミック、耐火物の新製品開発、生産技術、工場経営
経歴等大手セラミックメーカー出身

ページトップ

×